筋トレでアンチエイジング

2013.01.22 16:33|体の不思議
こんにちわ、堀江です。

昨日は雪にならなくてよかったですね


さて、今回は筋トレのお話です。

人の身体は20歳をピークに徐々に筋肉が落ちやすくなります(個人差あり)

これは、体の成長や肌の代謝をコントロールする“成長ホルモン”の分泌量が減少するためです。

すると、肌のハリや髪のツヤが無くなるなど、全身の老化現象が加速します。


成長ホルモンは運動後と睡眠中に分泌されます。

腕立てや腹筋といった、運動をすれば成長ホルモンの分泌量は増やせます。

身体にとって特に重要なのは、腹筋・背筋・お尻といった体幹部の大きい筋肉。



15_01_convert_20130123103625.jpg



ここが鍛えられていると、体力がアップして疲れにくい体になります。

さらに大きい筋肉を鍛えることは、基礎代謝UPに効果抜群です。痩せたい方は是非!


具体的には週2~3回、1回15分程度でOK!無理せず続けましょう。

ゆっくりと反動を付けずに負荷をかける『スロートレーニング』は特にいいそうです!



骨盤矯正、オイルトリートメントの 大船整体サロン”Personal care"



コメント:

非公開コメント