頸椎症~首から腕にかけての痛みや、痺れ

2012.12.12 18:58|頸椎症
こんにちわ、堀江です。

今日は頸椎症についてお話します。
 

【症状】
首を前や後ろに曲げる時に、首~肩~腕に痛み、痺れ、脱力感、疲労感、手指の感覚異常、冷感等を

感じる。また物をつかむ動作が困難になります。

 
【原因】
主に加齢や外傷が原因で起こります。

一般的には40歳以降の中高年者で多く発症します。

頸椎の椎体骨の骨棘(とげ)の形成、
椎間板(椎体と椎体の間にあるクッション)の後方突出、
靭帯の石灰化、骨化などによる神経圧迫等


【日常で気を付けたいこと】
首や肩に負担をかける動作は控えましょう

就寝時の姿勢も大切で、枕を少し高くすると楽になる方が多いようです。


【整体】
頭部、肩といった首周辺の筋肉の緊張を和らげ症状を緩和させます。

頸椎症でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。




骨盤矯正、オイルトリートメントの 大船整体サロン”Personal care"


コメント:

非公開コメント