FC2ブログ

四十肩&五十肩でお困りなら

2016.06.23 21:05|肩凝り
こんにちわ、院長の堀江です

今日は【四十肩&五十肩】についてです

肩を動かすと痛い、といった症状で関節包、肩関節周囲の筋肉に原因があるものをいいます。
経過と共に症状が変化し主に3つの期間に分けられます

①急性期 → 何もしなくても痛い、可動域制限が進行する
②拘縮期 → 可動域制限が著しく進行する
③回復期 → 痛み・可動域制限ともに軽快する

「急に腕が上がらくなった」と感じるのは①急性期です
※この期間は整体ではなく整形病院に行くことをおすすめします。

いつのまにか痛みが治ったと感じるのは③回復期です。
※ここで安心して放置する方が結構多いのですが、
【四十肩&五十肩】は時間が経つほど関節の癒着が強まり、
痛みがひいた後でも肩の可動域制限が残る確率が高いので要注意です!

整体に通うタイミングとしては②拘縮期がベストです!
しかも、なるべく初期!

病院やリハビリ治療で症状が改善しない場合は当院にご相談下さい。




◇大船で唯一の「肩こり&腰痛」専門整体パーソナルケア@seitai.Personalcare

◇大船で唯一の「肩こり・腰痛」に特化した整体サロン Personal care(パーソナルケア)

肩こり、寝違え、慢性四十肩&五十肩、腰痛、腰椎ヘルニア、坐骨神経痛、ぎっくり腰等の痛みなら私達にお任せ下さい。

腰痛、肩こり、大船駅/整体サロン Personal care

肩凝りの意外な原因

2012.08.02 16:32|肩凝り
どうも堀江です。

今日は歯ぎしりと肩凝りのお話です。

自分ではなかなか気づかない歯ぎしりですが、

歯医者さんの調べによると約8割の人が就寝中に歯ぎしりをしているそうです。

日中に溜まったストレスを、無意識のうちに歯ぎしりで発散しているそうです。

もともとアゴの筋力は身体の中でも特に強いのですが、

就寝中だと脳の制御がはずれて普段の8倍!!という

とんでもない強さを発揮する事もあるそうです。

硬い歯が削れたり、マウスピースが割れるのも納得がいきますね。


imageCAOJR3S1.jpg

朝起きたらアゴがこわばる…なんていう方は要注意です。

日常的に歯ぎしりがつづくと

■ 首&肩コリ
■ 頭痛
■ 顎関節症
■ 顔の歪み

などの原因となります。

対策としてはマウスピースを使用するのが一般的です(苦手な方も多いですが…)

他にも口を上下左右に動かして顎関節を緩めるのも有効です。

あとはストレスを溜めないことと、上手く発散することが一番大事です。

運動、お風呂、読書、お酒、趣味…何でもよいです。

好きなことをすると脳はストレスを忘れます。

一日の終わりに出来るだけストレスを減らした状態で就寝したいですね。

ではいい眠りを




肩凝.腰痛.骨盤矯正なら 大船/鎌倉の整体サロン”Personal care"