FC2ブログ

【膝】の痛みは治ります-当院【膝】治療について②

2017.12.07 12:55|
こんにちは 院長の堀江です。
 

今日は「歩行時の膝の痛み」についてお話します。



前回 膝の痛みの8割は関節ではなく筋肉が原因  

と、お話しました。



そう、膝関節の問題ではない場合が多いのです。

だから、膝に電気をあてたり温めたり

痛いのに無理やり筋トレ&運動療法というのは・・・

患者さんがかわいそうです(;_;)


さて、二回目の今日は「後脛骨筋」という足の筋肉についてです。

役割は足首を内側にひねる「内がえし」運動をする筋肉で

筋膜で足裏から膝をとおり首までつながっています。


uchigaeshi.jpg



膝の痛い方は歩行時に体が揺れて不安定なので

支えるためにこの筋肉がカチカチに固まっています。

当院では詳しくお体を検査し「後脛骨筋」が

あなたの膝の痛みの原因か探っていきます。



もし、あなたが電気や温熱、マッサージ、運動療法などの治療に効果を感じないと

お悩みなら当院にお気軽にご相談下さい(^^)





大船駅徒歩4分・筋膜リリース/腰痛・肩こり専門整体パーソナルケア









【膝】の痛みは治ります-当院の【膝】治療について①

2017.12.02 16:49|
こんにちは 院長の堀江です。
 

今日は当院の膝の施術についてお話いたします。

当院は「肩&腰」専門なのですが、膝の痛みから腰痛になった方も

多いので施術にはいることがよくあります。


膝の痛みで多いのが、「変形性膝関節症」に代表される
歩行時や屈曲時の膝内側の痛みです。



「変形性膝関節症」とは加齢による膝内部の関節のすり減りが原因とされています。

病院に行くと「年だからしょがない」とかリハビリで「筋肉をつけましょう」とか

膝に電気をあてたり温めたりするのが一般的ではないでしょうか。


それで回復されれば良いのですが

一向に回復しない方は何が原因なのでしょうか?


私は膝の痛みの8割は関節内部の問題ではなく

他に原因があることがほとんど
  だと思っています。


※明らかな膝の変形や炎症により水が溜まり腫れている場合は除きます。


では、どこが原因かというと”お尻”の筋肉です。

ウソ!?と思われるかもしれませんが本当です(^^)

何故かと言うと膝の痛みを抱える方の多くが膝が外に開いた状態になり

お尻の筋肉が短縮し固まるからです。

お尻の筋肉と膝は”筋膜”と呼ばれる薄い膜でつながっているんですね。


ラテ縮小




硬直し伸縮しなくなったお尻の筋肉を戻すことで膝の痛みは軽減します。

もちろん、膝の痛みも原因は人それぞれなので、

検査しないと分かりませんがほぼ100%関連しています。



もし、あなたが電気や温熱、運動療法などの治療に効果を感じないと

お悩みなら当院にご相談下さい(^^)





大船駅・筋膜リリース/腰痛・肩こり専門整体パーソナルケア